喪中はがきの正しい書き方とマナーについて|喪中はがき印刷【2022年寅年(令和4年)】ならDigipri(デジプリ)!全国のパレットプラザ で最短翌日受け取り可!

デジプリ喪中はがき2022 デジプリ喪中はがき2022

喪中はがきの正しい書き方とマナーについて 喪中はがきお役立ちコラム

喪中はがきの正しい書き方とマナーについて

投稿日:2021年11月19日

喪中はがきとは、近親者が亡くなったことによって、自分は喪中であるため、年賀状を送るのを差し控えますという年賀欠礼の挨拶状です。
遠方に住む方などに対しては、死亡通知を兼ねているという意味合いもありますが、それ以外のことを伝える目的はありません。
したがって、正確には相手からの年賀状を受け取りませんという意思表示をしているわけでも、年賀状を送らないで下さいというお願いをしているわけでもないのです。

喪中はがきをもらったら年賀状は送らないが広まった

最近では喪中はがきを受け取った場合、その相手に年賀状を送らないとすることが、一般的に習慣として広まっていますので、それをマナーととらえている方も多くいらっしゃるのが事実です。
そのため、喪中はがきを出す側の方もそう認識されている場合、年賀状を出してしまうと、「喪中はがきを送ったのに、不謹慎だ」と思われてしまう可能性があります。喪中はがきをいただいた場合には、その方に年賀状を出すのは控えるのが無難といえるでしょう。

喪中でも新年に年賀状で挨拶をもらいたい事例

最近では、喪中はがきに「みなさまからの年賀状は例年通りお送りくださいませ」といった言葉が書き添えられているケースも見られるようになりました。近親者を亡くした寂しさに加え、毎年お正月に届く年賀状が届かないというのは、より一層寂しく感じるという方もいらっしゃるでしょう。
このような添え書きがされている場合には、相手の寂しい心情を慮り、年賀状を送ればよいと思います。ただし、できるだけおめでたい言葉の使用は避け、様々な種類のデザインの中から、落ち着いた印象のものを選ぶようにしたいものです。