喪中はがきの印刷を自分で行う場合の方法とポイント|喪中はがき印刷【2022年寅年(令和4年)】ならDigipri(デジプリ)!全国のパレットプラザ で最短翌日受け取り可!

デジプリ喪中はがき2022 デジプリ喪中はがき2022

喪中はがきの印刷を自分で行う場合の方法とポイント 喪中はがきお役立ちコラム

喪中はがきの印刷を自分で行う場合の方法とポイント

投稿日:2021年11月19日

喪中はがきを手書きで作成したり、自宅のパソコンとプリンターで作成する場合、まずはがきを用意しなければなりませんが、印刷サービスのカタログなどを見ると、官製はがきか私製はがきと、2種類のはがきから選択するようになっています。自作する場合も、どちらのはがきを選ぶかによって、購入する場所も変わってきます。

喪中はがき(官製はがき)買える場所

官製はがきを使用する場合には、郵便局で購入するのが一番早いといえるでしょう。
喪中用として使われることが多いのが、料額印面に胡蝶蘭の絵柄が印刷された通常はがきです。このはがきは、弔事用として販売されているものではありませんが、胡蝶蘭の絵柄が単色づかいで描かれており、落ち着いた印象となっています。弔事用はがきと認識している方も多いようで、一般のはがきや年賀はがきのように、コンビニエンスストアや金券ショップでは取り扱っていないことがほとんどですので、郵便局で購入するのがよいでしょう。

喪中はがき(私製はがき)買える場所

私製はがきに関しては、ホームセンターや文房具店などで購入することができます。また最近では、インターネットで様々なはがきを販売している業者もたくさんありますので、何軒もお店を回って探す時間が無いと言う方にとっては、インターネットで注文、支払いができ、受け取りも自宅で出来るネットショッピングを利用するのがよいかもしれません。また、郵便番号枠なども印刷されておらず、裏表ともまったく無地のはがき大用紙であれば、格安でネット販売している業者もあります。